blog ブログ

2019/11/17

イトナブ団第2期生成果報告&イトナブ団第3期生募集!

こんにちは♪
イトナブ石巻のたまです!

イトナブが年末に開催する大イベント、
「イトナブGrooveday」 が2018年12月23日に開催されました。

イトナブGroovedayで発表したイトナブ団&イトナブで学ぶ小学生の準備のようすや、発表について紹介していきます!

また、次期募集のイトナブ団3期生についても詳しくご紹介していきます!

image


イトナブ団第2期生について

第2期生は、小学6年生の男の子1名です。

彼はとても元気!!
活動が始まった10月も半袖短パンで登場。

image

彼はイトナブ団の活動とは別に、週に1度イトナブでプログラミングを学んでいます。

さらに、彼は昨年開催された「ロボットのつかいかたコンテスト」にアイデアを応募、決勝戦まで進出しプレゼンテーションも行なっているスーパー小学生。


今回、彼が作ったゲームは「車迷路」。

image

車のゲームがつくりたい!とアイデアを考えていたようで、
Scratchで車を使った他の作品を見ながら
こうしよう、ああしようとアイデアをまとめていました!

イライラ棒とレースゲームから着想したこのゲームは、
自機である車を動かし、ゴール地点(緑色)まで行ければクリアというシンプルなゲーム。

image

タイトル画面で難しさを選ぶと背景が切り替わり、ゲームがスタートします。
Scratchで背景を変えるのはブロック1つで行えるので簡単ですが、注意が必要です。

もしもユーザーがおにコースを選んだあと、ゲームが途中で止めた時や、ゲームクリア後にもう一度遊ぶとなった場合、背景がおにコースのままだったらまずいですよね・・・?
ゲーム開始時に「初期化する」という要点をしっかり理解し、作ってくれました☆

なんとゲーム自体は発表の3週前に完成!

そこからGroovedayでの発表に向けて資料作りをスタート。
ゲームの説明はもちろん、難しかったところや次にやってみたいことも書いてくれました!

資料が作り終わったら本番に向けて発表の練習です。
また、ゲームにバグがないか何度も確認をしていました!


Groovedayとは?

さてここで、Groovedayのご紹介。

image

「イトナブGrooveday」(通称:Grooveday)は、
一般社団法人イトナブ石巻が1年間どんな活動をしてきたのかを発表するイベントです。
また、イトナブで学ぶ小学生〜大学生が1年間の成果を発表する場所でもあります。
毎年開催されているこのイベントは、今回でなんと6回目の開催!


Grooveday当日

2018年のGroovedayはかわまち交流センター(かわべい)にて開催されました。
9月にオープンしたてなので、ピッカピカの内装・外装!

image

なんとガジェット体験ブースも。
イトナブで見たことないガジェットにみんな興味津々です。

おや?見たことのあるキャラクターもいますね?(笑)


さぁ、発表会の始まりです!

image

わたくし、たまも発表しました!
毎月開催している「月刊イトナブ塾」の活動報告や、
小学生担当として、これからの月刊イトナブ塾についてや目標について話しました!

イトナブメンバーから今年の報告が終わると、いよいよ学生部門の発表です!

image

その前にガジェット体験で休憩を。
イトナブ塾でも飛ばしたドローンが人気で、交代で飛ばしていました。

image

トップバッターはイトナブ団2期生の男の子です。
発表の練習はバッチリ!大きな声で発表してくれました。

作ったゲームの説明をしたあとは、デモの時間です。
発表会では、普通コースとおにコースを見せてくれました。

image

普通からは鍵と扉のギミックも登場。
さらに難しくなります。

彼曰く、難易度おには鍵と扉も増量しているとのこと。
ぜひ下のリンクから実際の車迷路を見てくださいね!

作品「車迷路へはこちらから!


イトナブ団の彼だけでなく、放課後にイトナブで学んでいる子供たちも発表!
実は彼女たち2人は、イトナブ団1期生!!

まず小学校5年生の彼女は、CoronaSDKを使って形合わせのパズルゲームを作りました。
コードを書くのはほぼ初めてだった彼女ですが、とても覚えが早かったので
大きな問題もなく、完成させることができました!

実際に作ったゲームのデモも行いました。
背景のアレンジ、点数加算にも手を加えてみたりなど、様々なアレンジをしていました!

image

現在彼女はWeb開発の勉強をしているそうです・・・!
また、タイピングゲームでタイピングの練習も行なっています。

小学生プログラマーの誕生も近いですね!


最後に発表してくれたのは、小学1年生の女の子。
今回発表してくれた3人の中で一番緊張していましたが、しっかり自分の成果を発表することができました。

彼女はScratchを使ったおみくじを作りました。
イトナブ団の時にも同じ原理で動く作品を作った彼女。
今回は作り方のおさらいをしながら行ったので、イトナブ団の時はうっすらとしか分からなかった乱数もしっかりと理解できたようです。

image

次に作りたいのは、少し難しい迷路だそう!
彼女も今後に期待です!!

作品「おみくじ」へはこちらから!


学生発表ではこのあと、イトナブで学ぶ高校生と大学生から発表がありました!
発表してくれた3人も、緊張が解け高校生のお兄さんたちの発表を聞いていました。

発表後に3人と写真をパシャリ!

image

イトナブ団の彼には、イトナブ団の証である限定缶バッチをお渡ししました。
イトナブ団での経験で得たものを生かして、これからさらに素敵な作品が生まれていくことを期待しております!

本当にお疲れ様でした!

だいぶ時間がたってしまいましたが、
イトナブ団第2期生の成果についてお伝えしました!


イトナブ団第3期生を募集します!

image

活動内容:毎週もしくは隔週に1度、イトナブで学び自分の作品を作ること

定員:3人(先着順)
参加費:無料
持ち物:なし
活動日時:後日メールにてご希望曜日と時間をお聞きします
(1回の活動は3時間を予定しています)

※毎月の月刊イトナブ塾のようにお菓子・ジュースのご用意は難しいため、飲み物お菓子はご持参いただきますようお願いいたします。


イトナブ団に入る条件

image

・小学校3年生以上
・毎週もしくは隔週に1度イトナブに来ることができる子
・8月に開催されるイベント、「石巻ハッカソン」に参加・発表ができる
(16〜18日に開催。イトナブ団の参加は17日・18日の2日間です)
・月刊イトナブ塾に参加したことがある子(過去1度だけの参加でもOK!)
・プログラミングで本格的なゲームや物語を作ってみたい!という子

詳しいイトナブ団の情報についてはこちらの記事をご覧ください。


応募方法

応募方法は、Googleフォームからのみとなっています。(先着順)
月刊イトナブ塾のLINEのメッセージからの受付は行っておりませんので、ご了承ください。
ご兄弟で応募される場合は、応募フォームを分けて情報をご入力いただき、お願いいたします。

応募フォームの公開と受付開始は5月7日(火)20:00から、受付終了は5月14日(火)20:00となります。
月刊イトナブ塾公式LINEよりメッセージで応募フォームのURLを送りますので、
LINE登録がまだの方はこちらからお願いいたします。

ID:@qcc2983u

QRコードはこちらになります▼

image

応募完了後はメールにておしらせしますので、
月刊イトナブ塾(itnavschool@gmail.com)からのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

詳しい質問などはLINE@などから随時対応いたします!
それでは、たくさんのご応募お待ちしております!

Writer:たま(千葉)